2016/06/15

iPhone 6sでテザリングできなかった話(au)

どうも✋️
今回は珍しく携帯端末の話題です。私はauと契約をして携帯端末を使っているのですが, 先日2年程愛用していたXperia ULからiPhone6sに乗り換えました。手持ちのコンピューター類が次々にApple社製品に置き換わっていますが, 別にApple信者になったとかそういうわけではありませんw まぁなんとなく自分の求めるものとAppleの提供するものが一致するようになってきたって感じです。
で, そのiPhoneなんですがWindows→Macにした時と同じく, やはりOSが変わると戸惑うんですよね。iOS自体は2009年頃から3年弱使っていたのですが, 初めて使ったのがiOS 2, 最後に使ったのがiOS 4なので, 現在最新のiOS 9ともなればそれはもういろいろ変わっていると。
そこで一番戸惑ったのがテザリングです。「インターネット共有」をオンにしてもクライアント端末の方でSSIDすら見えないんです。

2016/06/17 編集:
最初はau Wi-Fi接続ツールが原因かと思いましたが, おそらく根本的な原因はiOSのバグでした。
下記サイトにうまくまとまっています。
iPhone5テザリング接続できない不安定が改善 | あいぽったぶる


もしこれでうまくいかない場合は
[1] au Wi-Fi SPOTのプロファイル削除

[2] 「au_Wi-Fi2」への自動接続解除
を試してみてください。

[1] au Wi-Fi SPOTのプロファイル削除方法
①「設定」→「一般」→「プロファイル」に「au Wi-Fi SPOT」というものがあればアンインストール(au Wi-Fi SPOTのプロファイル削除方法については下記サイトをご覧ください。「プロファイル」というメニュー自体がなかったり「au Wi-Fi SPOT」というプロファイルが見当たらなければau Wi-Fi SPOTのプロファイルはインストールされていません。)
iPhone5: au Wi-Fiスポットへ勝手に接続されるのを防ぐ | 今のところ、タイトル未定。 

[2] 「au_Wi-Fi2」への自動接続解除方法
(少なくとも)iPhone 6sでは, au Wi-Fi SPOTのプロファイルがインストールされていなくても「au_Wi-Fi2」へは自動的に繋がるようになっています。
① 一旦「au_Wi-Fi2」の繋がるエリアへ行き「au_Wi-Fi2」に接続
② 「設定」→「Wi-Fi」で「au_Wi-Fi2」の横にある"i"に丸印のついたアイコンをタップ
③ 下図のような画面が出るので「自動接続」をオフにする

これでうまくいく保証はありませんが, 私はこの方法で改善しました。

2016/04/05

Word 2016 for Windowsの段落記号が変だった話

どうも
私のメインOSはMacなのですが, Windowsも必要になることがあるのでVirtualBox上でWindows 10を使用しています。
そのWindowsに入れたWord 2016の段落記号が, 折れ曲がった灰色い矢印ではなく「¶」という表示に変わってしまっていた問題がありました。

こんな感じ。オレンジ色の枠で囲んだ部分が今までの見慣れた灰色の折れ曲がった矢印じゃない。

Microsoftコミュニティーのページに解決策が書かれていたのでそれを試した結果解決することができました。言語設定を日本語に設定すれば良いみたいです。まぁ今回は上記リンクに書かれたことの実践記録という感じで書いてます。

① 「すべてのアプリ」から

② 「Office 2016 言語設定」を選択

③ 「編集言語の選択」で「日本語」を選択し, 「既定に設定」をクリック後OKをクリック

④ 見慣れた折れ曲がった矢印になりました。


参考にしたサイト

2016/02/28

MacでWindowsファイル共有ができなかった話

どうも。私のメインマシンはMacですが, Windowsも時々使用しますのでMacとWindowsでファイル共有ができるととても便利です。
もちろんMacにもWindowsとファイル共有をするための設定があります。ご存知ない方は以下のリンクを見てもらえれば良いと思います。

Mac - Windowsとファイルを共有する方法 - PC設定のカルマ

で, どういうわけか上記リンクページの一番下の画像にある"aruma"という文字の横のチェックボックスにチェックマークが入れられないという問題にぶちあたりました。普通は
こうなっているはずのチェックボックスが↑
こうなってて押せないんです。↑

この問題をAppleのサポートにチャットで問い合わせ, 途中からエンジニアの方と電話で話すこと1時間。。。 解決しました。

「MacへのログインパスワードにiCloudのパスワードを使用する設定にしているとWindowsファイル共有のチェックボックスにチェックが入れられなくなる問題がある」とのことでした(バグなのか仕様なのかは不明ですが)。

ログインパスワードをiCloudのパスワードではなく別のパスワードに設定する方法は下記のwebサイトをご覧ください。

ログイン時に iCloud パスワードではなく Mac ユーザーのパスワード利用に切り替える方法 - Mac・iPhone・iPad を使い倒したい

ご覧の通り, ちゃんとチェックボックスにチェックを入れられました。

チェックボックスに無事チェックは入れられたものの, その後もWindowsからMacの共有フォルダにアクセスすることができず四苦八苦していましたが, その原因はウイルスセキュリティーソフトのファイヤーウォールによるものでした。Windows PC上にMacの名前は見えるのにファイルにアクセスできないという方は, ウイルスセキュリティーソフトのファイヤーウォール設定を確認してみてください。

2016/02/27

ESET Cyber Security v6.0で困った話(VirtualBox編)

私はWindows/Mac/Androidの各OSのウイルスセキュリティーソフトはESETを愛用しています。
Windows版のESET Smart Securityでは起こらなかった問題ですが, Mac版のESET Cyber Security Proで以下の2点の問題が起こりました。

  • Yahoo!トップページやニコニコ動画, T-SITE等一部のWebページが表示されない
  • VirtualBox上で動かしているWindows10 Proが, NATを使用するとインターネットに接続できない(ブリッジアダプターでは接続可)

この記事ではVirtualBoxでインターネット接続できない件について扱います。Yahoo!トップページ等のWebページが表示されない話はこちらへどうぞ。

私はMacBook Pro上のVirtualBoxでWindows10 Proを動かしているのですが, 今月あたりからVirtualBoxのNATを使用してインターネットに接続することができなくなってしまいました。ブリッジ接続では使用できるのですが, スマホでテザリングしてMacをネットにつなげた場合にブリッジ接続ではDHCPでIPアドレスを取得してくれませんし, 手動で設定してもうまく繋がらないのでNATを使用してインターネット接続できないと困ります。

解決策は簡単で, 「ESET Cyber Security v6.0で困った話(ブラウザ編)」と同じようにスキャン対象からVirtualBoxを外してあげればOKです。ESETについてはVirtualBox上のWindows10にも入れてありますので除外設定をしてもWindows側でスキャンしてくれると思います。

■解決策

ESET Cyber Security Proの設定から, VirtualBoxをスキャン対象から外す。

■方法

① 画面上部のメニューバーにあうESETのアイコンをクリックし, 「詳細設定」をクリック

② 「全般」をクリック

③ スキャナオプションの「設定」をクリック

④ 「Webとメール」の「除外を表示:」で「アプリケーション」を選択

⑤ 「追加…」をクリックして"/Macintosh HD/Applications/VirtualBox.app"を選択して「OK」

⑥ "/Macintosh HD/Applications/VirtualBox.app"が追加されたことを確認して「OK」


ESET Cyber Security v6.0で困った話(ブラウザ編)

久しぶりの更新です。またMacで困った話です。
私はWindows/Mac/Androidの各OSのウイルスセキュリティーソフトはESETを愛用しています。
Windows版のESET Smart Securityでは起こらなかった問題ですが, Mac版のESET Cyber Security Proで以下の2点の問題が起こりました。
  • Yahoo!トップページやニコニコ動画, T-SITE等一部のWebページが表示されない
  • VirtualBox上で動かしているWindows10 Proが, NATを使用するとインターネットに接続できない(ブリッジアダプターでは接続可)
この記事ではYahoo!トップページ等のWebページが表示されない件について扱います。VirtualBoxでインターネット接続できない話はこちらへどうぞ。

さっそく本題に入ります。百聞は一見に如かずなのでまず以下の動画をご覧ください。動画中ではニコニコチャンネルのアニメトップページから「うたわれるもの」のチャンネルページを開こうとしています。


画面が真っ白になるばかりでなかなかページを表示できません。この問題をESETのカスタマーサポートに問い合わせたところ, 以下の方法で解決することができました。

■解決策

ESET Cyber Security Proの設定から, Chrome等自分が使用しているブラウザをスキャン対象から外す。

■方法

① 画面上部のメニューバーにあうESETのアイコンをクリックし, 「詳細設定」をクリック

② 「全般」をクリック

③ スキャナオプションの「設定」をクリック

④ 「Webとメール」の「除外を表示:」で「アプリケーション」を選択

⑤ 「追加…」をクリックして"/Macintosh HD/Applications/Google Chrome.app"等のブラウザを選択して「OK」

⑥ "/Macintosh HD/Applications/Google Chrome.app"が追加されたことを確認して「OK」

この設定により, 指定したブラウザからの通信が「Webアクセス保護」による保護対象から外れますが, ESETカスタマーサポートの方によると, 「リアルタイムファイルシステム保護機能にて検査が実施されますのでご安心ください。」とのことでした。

2015/11/03

Word 2016 for Macで困った話

Macを使い始めて2週間が経過し, けっこう慣れてきました。とは言えまだまだ6歳の頃からの付き合いであるWindowsのようにはいかず, 「あれ?」となることもあるのですが, 今回はMacに入れたWord 2016 for Macでのお話。

問題は「右揃え」のショートカットキー。Windowsだと右揃えは"Ctrl+R"ですのでMacだと"⌘+R"かなと思って押してみたのですが, 改ページされてしまいました。"⌘+return"に割り当てられているはずの「改ページ」が何らかの理由で"⌘+R"になってしまっていたので改ページのショートカットキーを削除することで問題は解決したのですが, どうしてそのようなことになってしまったのかは不明です。
私だけなのでしょうか…?

解決のプロセスは以下の通り:

この問題を解決するために, WordのショートカットキーをMicrosoftのwebページで調べてみたのですが, どうやら右揃えは"⌘+R"のようです。

はて<(゚ε。)>

でも「挿入」→「区切り」→「改ページ」を見てみるとしっかり"⌘R"が…
まぁ「改ページ」のショートカットキーを別のキーに割り当ててあげれば良いやと思い, 「ツール」メニューの「ショートカットキーのユーザー設定」をクリックし, 「挿入」の「InsertPageBreak」を見てみると…
キーは"⌘+return"に割り当てられているようです。
バグなのでしょうか…?
兎にも角にも"⌘+R"で右揃えにできないのは非常に不便なので, とりあえずこの割り当てを削除してみました。
メニューを見るとさっきまであった"⌘+R"は消えています。
これによってきちんと"⌘R"で右揃えができるようになりました。
さてこれで安心して使えると思っていたのですが, 案外改ページもショートカットキーがないと不便なので, 最終的には"control+return"に割り当てることになりました。


2015/09/21

Windows10でネットワークプロファイル名を変更する

Windows10にアップグレードしてからそろそろ2ヶ月になりますが, また問題にぶち当たったので書きました。
標題の通り, ネットワークプロファイル名を変更したいなって思ったのですが, Windows7までは何の問題もなくできていたのにWindows10だとできない!(´;ω;`) ということでいろいろ調べました。

そもそもネットワークプロファイル名って何?っていうのはこれです。タスクトレイのネットワークのアイコンクリックした時にここに表示される名前です。


Windows7だとネットワークと共有センターからネットワークのアイコンをクリックしてやるとこんなウィンドウが出てきて簡単に変更できたんですよね…


Windows10 ProだとGUIで変更できるみたいですが, 私が使っているのはWindows10 Home。GUIじゃ変更できないみたいです。Windows Server向けの記事を見ていたところ, これでいけるのではないかと思いましたので試したところうまく設定できたので, とりあえずメモ。
私もこういうことはあまりしないのでこれで本当に合っているかどうかはわかりませんが, 今のところ何の問題もなく使えています。

この記事ではレジストリの編集を扱います。レジストリは操作を誤るとPCが起動しなくなることがあります。この記事を見て操作を試される場合は自己責任で行ってください。当方ではいかなる損害に対しても責任を負いかねます。

試す場合は自己責任で。
① レジストリエディタを起動
② \HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\NetworkList\Profiles
を見ると様々なキーが存在していますが, 該当するものを探して"ProfileName"を任意のものに書き換える。
③ PCを再起動


以上で完了です。

……こういうのできないの不便なので近いうちにWindows10 Pro買います。


参考にしたサイト:
Windows Server 2012 R2 のネットワーク プロファイル名を変更したい - 元「なんでもエンジニ屋」のダメ日記