2016/11/10

Visual Studio 2015 Communityで貼り付けのショートカットキーがShift + Insになっていて困った話

どうも✋

今日はVisual Studioの「貼り付け」のショートカットキーをデフォルトのShift + Insから伝統的なCtrl + Vに変更しようというお話です。

ここのところずっとIDEはNetBeansを使っているのでVisual Studioを使うことはめっきりなくなったんですが, ちょっとした事情から久しぶりにVisual Studioを使いました。
以前にVisual Studioを使ったのはVS 2010だったので実に久しぶりのVisual Studioです。
ところがコードをコピーしてペーストしようとCtrl + Vを押しても反応がない。
反応がないので「編集」メニューから「貼り付け」を見てみると, ショートカットキーがおなじみのCtrl + Vではなく「Shift + Ins」に…

うーん。ÓㅅÒ)…

Shift + Insが良いという人もいるんでしょうが, どうも私にはCtrl + Vの方が操作性が良いと思うんですよ。Shiftは良いとしてもIns(Insert)キーってノートPCなら上の方の小さなキー、フルサイズのキーボードならF12キーの右下じゃないですか。操作性あまり良くないよ…
ということで貼り付けのショートカットキーをCtrl + Vに変更しよう、というお話です。
ググってもこの類の話を見つけられなかったので, まとめることにしました。

手順:



① 「ツール」から「カスタマイズ」を選択



② 出てきたウィンドウ下部にある「キーボード」をクリック



③ 「以下の文字列を含むコマンドを表示」に「貼り付け」と入力し,



④ 「編集.貼り付け」を選択



⑤ 「ショートカットキー」の入力にカーソルを合わせ, Ctrl + Vを押す



⑥ 「割り当て」をクリック



⑦ 以上で操作は完了なので「OK」をクリックして閉じて構いませんが, Shift + Insは使わないので「選択したコマンドへのショートカット」から「Shift+Ins(全体)」を選んで削除しても良いでしょう(私は削除しました)



これで貼り付けがCtrl + Vで行えるようになりました。

他のPCでVisual Studio 2015を開いても貼り付けのショートカットキーはShift + Insになっていたのでデフォルトの設定なのかもしれませんが, Ctrlキーに小指を置いたままコピー, カット, ペーストができるのがこのショートカットキーの魅力な気がしているので, 「Shift + Ins」の魅力は何なのかなぁと思ってしまいます。

2016/09/25

Mac版Adobe Acrobat Reader DCの読み上げ機能を無効化した話

どうも✋
Adobe Acrobat Reader DCには読み上げ機能が実装されています。この機能を必要とするユーザーにとっては大変便利なものであると思います。
しかしこの読み上げ機能, PDFファイルを開く度に読み上げの準備をしている旨のウィンドウが出てきて煩わしい上にその間の動作が非常に重くなります。しかも無効化できるのかと思いきや無効化できない。ありがたいことにこの機能を必要としないユーザーにとってはちょっと迷惑にも感じてしまいます。

以下のAdobeの公式フォーラムでは「読み上げ準備時間を短縮する方法」が紹介されています。

【Mac】起動時の読み上げ準備の解除方法 |Adobe Community

これを試すと確かにかなり早くなります。特にこれで問題はないくらいにはなりました。
また, 自己責任でということですが, この読み上げ機能を提供するプラグインを無効化してしまおうという方法もありました。

Acrobat読み上げ停止 - ejwt.net

私の環境が良くないのか, それとも更に仕様変更がなされたのかは定かではありませんが, 私がこの方法を試した結果, 以下のようなウィンドウが出てきて「OK」を押してもウィンドウは消えないばかりか次々と同様のウィンドウが表示される始末。
さすがにちょっと困るわけです。
そこで試行錯誤をした結果, 解決策を見出すことができました。
手順は以下の通り。

① ターミナルを起動して
cd /Applications/Adobe\ Acrobat\ Reader\ DC.app/Contents/Plugins/
を入力して[Enter]

② "Accessibility.acroplugin"というフォルダを"Accessibility.acroplugin.bak"等にリネームする。この際, 管理者権限をお忘れなく。
sudo mv Accessibility.acroplugin Accessibility.acroplugin.bak

全ての環境で動作する保証はありませんが, 少なくとも私の場合は問題なく読み上げ機能を無効化することができました。

2016/09/19

Windows 10 Anniversary Update後にサインインしたら画面が真っ黒で困った話

どうも✋
今日も困った話です。
Windows 10 Anniversary Updateが8月配信開始になりましたね。Windowsでbashが使えるようになるって騒がれてたあれです。やろうやろうと思ってなかなかアップデートとしてなかったんですが, 一昨日ついにアップデートしました。

したんですが, サインイン後に黒い画面にカーソルが表示されるだけになり, ネットで探した情報に書かれていることを試しても何も解決しなくて苦労したので, ここに記しておきます。

結論

Windowsの今ひとつなフォントレンダリングをマシにするgdippが悪さをしていました。gdippをアンインストールすれば解決です。

経過

① ログインをすると…



② ようこそまでは出るが…



③ 画面は真っ暗(実はExplorer.exeが起動してないだけ)



④ Ctrl+Alt+Deleteを押してタスクマネージャーを起動



⑤ 起動しました



⑥ 「サービス」タブから「gdipp_svc_32」と[gdipp_svc_64」を停止



⑦ 「ファイル」メニューから「新しいタスクの実行」を選んで


⑧ explorer.exeを入力してEnter



⑨ 無事起動しました



⑩ おかしくなっていたアス比も元通り


gdippをアンインストールします。
⑪ Windowsキー+Xで「プログラムと機能」を選択



⑫ gdippをアンインストール



⑬ 「はい」を押して完了



以上の手順でgdippをアンインストールできます。
この後gdippを再インストールしたのですが, 結局また同じ現象が起きてしまったためWindows 10の新しいビルドではgdippを使ってWindows全体のフォントレンダリングを改善することは難しくなってしまったようです。
gdippをアンインストールしたままでも良いんですが, Windows本体はともかく, サードパーティー製のアプリケーションでは汚いMS UI Gothicが使われていたりして我慢ができないのでgdippの適用例外設定にexplorer.exeを指定して現在も使用していますが, Yu Gothic UIを使っていてもやっぱりDirectWriteのフォントレンダリングでは物足りなさを感じますね。なんか良い方法はないんでしょうか。

とか言っていたらどうやら今年の9月始めにMacTypeが数年ぶりのアップデートを配信したらしいのでちょっと試してみようかな。

2016/09/09

Office 2016 for MacでNormal.dotmの場所を見つけるのに苦労した話

どうも。今回はちょっとだけ。
Office 2016 for Macで文書を新規作成すると, 文字サイズが10.5じゃなくて12になってるんです。
まぁその都度直せば良いんですが, 地味に面倒なのでNormal.dotmを編集しようと思い立ちました。
Normal.dotmの場所を探すのに苦労したので, 以下にパスを記しておきます。


/Users/[YourUserName]/Library/Group Containers/UBF8T346G9.Office/User Content.localized/Templates.localized/Normal.dotm


日本語環境だとひょっとすると

/Users/[YourUserName]/Library/Group Containers/UBF8T346G9.Office/ユーザー コンテンツ/テンプレート/Normal.dotm

かもしれません。

2016/06/15

iPhone 6sでテザリングできなかった話(au)

どうも✋️
今回は珍しく携帯端末の話題です。私はauと契約をして携帯端末を使っているのですが, 先日2年程愛用していたXperia ULからiPhone6sに乗り換えました。手持ちのコンピューター類が次々にApple社製品に置き換わっていますが, 別にApple信者になったとかそういうわけではありませんw まぁなんとなく自分の求めるものとAppleの提供するものが一致するようになってきたって感じです。
で, そのiPhoneなんですがWindows→Macにした時と同じく, やはりOSが変わると戸惑うんですよね。iOS自体は2009年頃から3年弱使っていたのですが, 初めて使ったのがiOS 2, 最後に使ったのがiOS 4なので, 現在最新のiOS 9ともなればそれはもういろいろ変わっていると。
そこで一番戸惑ったのがテザリングです。「インターネット共有」をオンにしてもクライアント端末の方でSSIDすら見えないんです。

2016/06/17 編集:
最初はau Wi-Fi接続ツールが原因かと思いましたが, おそらく根本的な原因はiOSのバグでした。
下記サイトにうまくまとまっています。
iPhone5テザリング接続できない不安定が改善 | あいぽったぶる


もしこれでうまくいかない場合は
[1] au Wi-Fi SPOTのプロファイル削除

[2] 「au_Wi-Fi2」への自動接続解除
を試してみてください。

[1] au Wi-Fi SPOTのプロファイル削除方法
①「設定」→「一般」→「プロファイル」に「au Wi-Fi SPOT」というものがあればアンインストール(au Wi-Fi SPOTのプロファイル削除方法については下記サイトをご覧ください。「プロファイル」というメニュー自体がなかったり「au Wi-Fi SPOT」というプロファイルが見当たらなければau Wi-Fi SPOTのプロファイルはインストールされていません。)
iPhone5: au Wi-Fiスポットへ勝手に接続されるのを防ぐ | 今のところ、タイトル未定。 

[2] 「au_Wi-Fi2」への自動接続解除方法
(少なくとも)iPhone 6sでは, au Wi-Fi SPOTのプロファイルがインストールされていなくても「au_Wi-Fi2」へは自動的に繋がるようになっています。
① 一旦「au_Wi-Fi2」の繋がるエリアへ行き「au_Wi-Fi2」に接続
② 「設定」→「Wi-Fi」で「au_Wi-Fi2」の横にある"i"に丸印のついたアイコンをタップ
③ 下図のような画面が出るので「自動接続」をオフにする

これでうまくいく保証はありませんが, 私はこの方法で改善しました。

2016/04/05

Word 2016 for Windowsの段落記号が変だった話

どうも
私のメインOSはMacなのですが, Windowsも必要になることがあるのでVirtualBox上でWindows 10を使用しています。
そのWindowsに入れたWord 2016の段落記号が, 折れ曲がった灰色い矢印ではなく「¶」という表示に変わってしまっていた問題がありました。

こんな感じ。オレンジ色の枠で囲んだ部分が今までの見慣れた灰色の折れ曲がった矢印じゃない。

Microsoftコミュニティーのページに解決策が書かれていたのでそれを試した結果解決することができました。言語設定を日本語に設定すれば良いみたいです。まぁ今回は上記リンクに書かれたことの実践記録という感じで書いてます。

① 「すべてのアプリ」から

② 「Office 2016 言語設定」を選択

③ 「編集言語の選択」で「日本語」を選択し, 「既定に設定」をクリック後OKをクリック

④ 見慣れた折れ曲がった矢印になりました。


参考にしたサイト

2016/02/28

MacでWindowsファイル共有ができなかった話

どうも。私のメインマシンはMacですが, Windowsも時々使用しますのでMacとWindowsでファイル共有ができるととても便利です。
もちろんMacにもWindowsとファイル共有をするための設定があります。ご存知ない方は以下のリンクを見てもらえれば良いと思います。

Mac - Windowsとファイルを共有する方法 - PC設定のカルマ

で, どういうわけか上記リンクページの一番下の画像にある"aruma"という文字の横のチェックボックスにチェックマークが入れられないという問題にぶちあたりました。普通は
こうなっているはずのチェックボックスが↑
こうなってて押せないんです。↑

この問題をAppleのサポートにチャットで問い合わせ, 途中からエンジニアの方と電話で話すこと1時間。。。 解決しました。

「MacへのログインパスワードにiCloudのパスワードを使用する設定にしているとWindowsファイル共有のチェックボックスにチェックが入れられなくなる問題がある」とのことでした(バグなのか仕様なのかは不明ですが)。

ログインパスワードをiCloudのパスワードではなく別のパスワードに設定する方法は下記のwebサイトをご覧ください。

ログイン時に iCloud パスワードではなく Mac ユーザーのパスワード利用に切り替える方法 - Mac・iPhone・iPad を使い倒したい

ご覧の通り, ちゃんとチェックボックスにチェックを入れられました。

チェックボックスに無事チェックは入れられたものの, その後もWindowsからMacの共有フォルダにアクセスすることができず四苦八苦していましたが, その原因はウイルスセキュリティーソフトのファイヤーウォールによるものでした。Windows PC上にMacの名前は見えるのにファイルにアクセスできないという方は, ウイルスセキュリティーソフトのファイヤーウォール設定を確認してみてください。